【美ボディになる為に】
運動嫌いを克服!【脱・デブ脳】

All Beauty& Healthy Summary

嘉神子Mira
嘉神子Mira

こんにちは★嘉神子Miraです(*´ω`*人

ナイスバディになりたいは女性にとって
一生の願望であり悩みではないでしょうか?

私も右に同じく。
その為には運動しなければならないんだな。
運動は…Σ大ッ嫌いだーッ!!

でも習慣化すれば美にも健康にも良いの知ってます。

運動を好きになる方法は無いものでしょうか?
調べてみました…すると、見つけちゃいましたッ!!

運動をする前に考えて嫌になる

そもそも論、私はどうして運動嫌いなのかを纏めてみます。

運動をすると疲労する為
運動により汗をかくと肌がべたついて不快な為
当日の夜から翌日にかけて筋肉痛になり暫く続く為
決意して頑張っても直ぐに結果が出なくてストレスになる為
『運動したから良いよね』と食べる量が増えちゃう為
何より運動する時間が勿体ないと考える為

まぁ…出るわ出るわ都合の良い言い訳w
我ながら感心(笑)デブ脳のテンプレートですよねw

要するに運動をするメリットは知っている
けれど実行に移す前に、これら理由が
瞬時に脳内に浮かび嫌になる。


『運動=苦』という考えの持ち主なんですね。
たまに聞く『運動=ストレス解消』という考えは何処から…??

ところが!多くのアスリートさん達毎日体を
動かさないと落ち着かない
と感じている
そうです。
どちらも同じ『運動』なのに捉え方でこうも違います…。

アスリートさんのように運動に対して
ポジティブシンキングが出来るようになれたらな
…。。

まずは考え方を変え、習慣を変えていく必要がありますね。

私達、人間は変化を嫌う生き物

わかっちゃいるけど、変化にはストレスを感じ
スタミナをごっそり持ってかれる感じありませんか??

例え話『変わりたいけど変われない』という多くの人は
幽閉された城のような場所で生きています。その囚われの城は
自分が作った『思い込み』心理学的に言うと『固定概念』

更に城の周りにはご丁寧に、お堀まで掘って
『思い込みの城』から出来る限り出ないようにしています。

脳は変化を嫌います。

居心地の良い場所から出たくない。
出ない為の言い訳を常に考えています。

その代表的なものは『忙しい・難しい・無理』という言葉。

人間はネガティブな記憶ばかりが
根強く残り出来ない言い訳を考える天才
だと聞いたことは、ありませんか?

今の自分で居心地が良いから運動しない。
美味しいものを好きなだけ食べる。

仕事や遊びに忙しい生活が心地良いから
その場所に留まってしまう。結果、痩せたい
変化したいが大して行動に伴わない
と。

しかしストレスを感じながら変化したところで長続きは
しません
よね。そこで『脳』を変えるんです!

>>Next”【ライフスキル脳で楽ヤセ?!】
運動が辛いのは、そういう脳に傾いているだけ”に続きます(*´ω`*人

ページトップへ★