【いつまでも若々しくいる為に】
タンパク質を知ろう!

All Beauty& Healthy Summary

嘉神子Mira
嘉神子Mira

こんにちは★嘉神子Miraです(*´ω`*人

最近、仕事でバリバリ体を動かすようになったので
折角なら、お給料と共にナイスバディも手に入れたい!
と思うようになりました!

そこで筋肉の源『タンパク質』を積極的に
摂るようになったのですが、その機能は凄かった…!!

体のあらゆるものを作っていたんです!!v

ということで今回は『タンパク質』について
根こそぎ纏めて参りますッ♪

タンパク質摂取で体の機能を活性化

タンパク質とは
人体の約60%が水分からなり
その残りの半分、20%が『タンパク質』で出来ています。

筋肉・消化管内臓や
血中のヘモグロビン・髪・皮膚のコラーゲン等の
組織を作り栄養素の運搬も行います。

またエネルギー消費の際にも『アミノ酸』としてその一部となります。

筋肉のみならず、全身で多くの組織を作り上げている
この『タンパク質』20種類もの『アミノ酸』
結合して出来ております。

内9種は『必須アミノ酸』と呼ばれ
食物からしか摂取することが出来ません。

正常に『必須アミノ酸』もとい『タンパク質』が
摂取出来ていれば古くなったものは排泄され
また新しく作られるという循環が出来ます。

しかし不足すると作り変えることが出来なくなってしまいます。

すると筋力は衰え、体の機能が低下見た目はやつれ
免疫低下により体調も崩しがちになってしまいます。

要するに、全身の内側・外側くまなく活性化させる為に
『タンパク質』を積極的に摂りましょう!
ということですねVv

『アミノ酸』の種類が多いように
単に『タンパク質』と言っても、その種類は多く
また、それら含む食物も細かく分かれる様です。

そういえば『タンパク質』って結構、幅広い食品に含まれていますよね。

肉・魚・乳製品・大豆とかとか加工食品でも見掛けますね。
食品が違えば、そりゃ含まれる栄養素だって変わってきそうなものです。

因みに、いくら体に良い・活性化させると言っても
過剰摂取は良く無いです。物によっては摂る必要の無い、寧ろ
摂ることで体に悪影響をもたらすものも存在しました…!!

折角なのでこの機会に、まるごとさくっと!
知識を身に付けていって下さい♪

読破する頃には体を内側からコントロール出来るようになり
生きていく上で抗えない筈の体内年齢も、アンチエイジング★
日本人の死因ワースト1位の『ガン』も予防出来ますよVv

体が喜ぶものを美味しく摂取して健康に美しく長生きしましょう♪

>>Nextタンパク質の種類と特徴【前編】
に続きます(*´ω`*人

ページトップへ★