【画像で集客を制する】
『Phoenix Media Rename』プラグイン
【百聞は一見に如かず】

Income

web(検索エンジン)で検索されたワードに対して
運営サイトにUPした画像コンテンツをHitさせる為には
その画像の情報を適切に設定しておく必要があります。

検索エンジンとは
インターネットに存在する情報(ウェブページ、サイト、画像ファイル
ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラム。
代表的なものにGoogle・Yahoo!・Baidu・Bingなどがあります。

検索エンジンが画像の情報を読み取る優先順位は

①ファイル名
②代替テキスト(alt属性)

となり、検索上位に運営サイトに載せた画像が
表示されるか否かの鍵を一番に握っているのは
ファイル名なんですね♪

また、補足であるとともに画像が何らかの理由で表示されない場合
代替テキストが表示されるのでこちらも設定しておきましょう。

ちなみにこのファイル名ですが、
前述の通りデフォルトのwordpressで画像をアップロードした場合
自動生成される上、任意のものに編集が出来ません。。


ファイル名をみると9f9ecc…と
意味不明な数字とアルファベットが羅列されてますねw
以前はタイトル名と同じものになっていたんですけれども…。

パーマリンクも日本語表記なのが、ちょっと納得行きません。
これでは日本人しか読めないではないか…><

代替テキスト(alt属性)は、空白で設定可能なので先に設定。

そして、こちらを設定する為のプラグイン
『Phoenix Media Rename』を落としましょう★

プラグイン→新規追加→プラグインの検索で
“Phoenix Media Rename”と入力すれば出てくるので
ダウンロードし、有効化します。これでプラグイン側の設定は完了v


今度はメディア→ライブラリに行き、画像左上赤丸部分
リスト表のようなアイコンをクリックすると、この画像の表示になります。

すると右のFilenameからファイル名を編集出来ます…!!

ちなみにこちら、日本語表記にしたら何故か弾かれました(笑)
まぁSEOの観点から言っても英語表記の方に軍配は上がりますからね。
素直に英単語で情報を適切に。ハイフンで区切って入力しましょう٩( ”ω” )و


入力が完了しましたら画像すぐ左に”レ点”を入れて
ファイル名のみ変更の場合は”Rename”を選んで適用クリック。
タイトル名も揃える場合は”Rename&Retitle”を選び適用クリック。

これで無事にファイル名変更作業完了です★


再度画像の詳細を見てみると
ファイル名がきちんと英単語表記になっていますね…!!v
そしてパーマリンクも英単語表記になっていますね…!!v

これでしばらくすると検索エンジンに認識されて
同じ・類似ワードで検索された場合上位表示がされやすくなります。

Caution!
欲張ってキーワードを詰め込み過ぎたり、不自然な説明を行うと
スパムとみなされる場合もあります。ご留意下さい。

私は一応、多くても5単語・5文節を意識しています。
良かったら参考にしてみて下さい♪

皆様のブログ活動の手助けとなりましたら幸いです(*´ω`*人

<<Top <Back

ページトップへ★