【暗号通貨、外国&日本取引所の良いとこ取り★】
Sparkトークンは日本取引所で受け取ることに

All Crypto Diary Summary

嘉神子Mira
嘉神子Mira

こんにちは★嘉神子Miraです(*´ω`*人
暗号通貨外国取引所って怖いなぁ怖いなぁ…!!
とか抜かして利用し続けてます((ヲイw

外国取引所のメリット・デメリットが有るように
日本取引所にだってメリット・デメリットは有ります。

ということで今回は暗号通貨日本取引所の
メリット・デメリットを綴りまするVv
双方マスターして良いとこ取りしちゃいましょう♪

そう…この私の様ね!!v

日本取引所には安心と運用し甲斐がある…!

前回の記事にて暗号通貨外国取引所を利用すること自体が
ハイリターン×ハイリスクであるという内容を綴りました。

実際、過去現在進行形で利用している私自身も
持ち逃げされることも有れば逆に今はそれを上回って稼がせて
頂いているので善悪は付けられません。グレーです。

グレーと言えば『BTCNEXT』の拠点
『NOAH CITYプロジェクト』ですが…まぁそれは追々(笑)


話を戻して我らが暗号通貨日本取引所の件ですが
一応、日本でも暗号通貨を預けることで
利子を受け取れるシステムは存在します。


私は『Coincheck』さんで『LSK』を預け、利子を頂戴しています。


名称はLSKステーキングサービスと言うのですが
額面から言うと、預けるだけで自動取得出来るものには
なるのでですね。まぁ…しょっぱいですよ(笑)

こちらも一応、期間縛りは無いので何時でも出金可能です。
可能ですが手数料がべっらぼうに高いです…!

だから稼ぎ目的だと、そうそうは実質出せません!!w

あと私が毎日のように、お世話になっている『bitbank』さん。
こちらでも預けて増やすと称して、BTC等の預け入れが出来ます。
が、縛りもあれば利回りも銀行預金並み…。

そんな感じなので、日本取引所オンリーで投資するならば
預け入れはせず運用のみの方が良いと思います。

いざという時は保証も有る(らしい)

以前、母親が暗号通貨を送る送信先アドレスを
間違えて入力してしまった際。エラー通知と共に
やり直せば大丈夫とキャンセル扱いにしてくれました。


当たり前では?と思うかもしれませんが…。否!

これって結構な親切機能で通常だと送ったが最後
消えてしまうことも有るんです。。

正確には、その間違えた送信アドレス先にて
受信されているのですが。。もし外国取引所だったならば
恐らく
知らんぷりだったんじゃないかなーと思います。

また、送信失敗エラー通知も日本語で綴られて来るので
分かり易いですし分からなくても問い合わせもしやすいです。

以上の事から暗号通貨に慣れるまで日本の取引所で
少額から運用。
仕組みが分かってきたら外国取引所にて
預け入れを検討する
のが良いのかなと思います♪



ページトップへ★