【経験者が綴る】ベーカリーの職務内容
【覚えてしまえば楽しい単独作業♪】

Summary

ベーカリー勤務の1日

ベーカリー職の出勤時間はバッチリ朝方です(∩´∀`)∩
勤務先によって異なりますが、現勤務先は4時に作業開始します。

なので午前2時過ぎに起床し朝食・身支度を済ませ
徒歩30分の職場に向かいます。そちらで私は有難く
パン屋の花形”焼成”を担当させて頂いております。

ベーカリーはポジション別で3種類の仕事がある
①成形
②焼成
③品出し

①成形
“パンの基を作る成形作業”ですね。

パンには出来合いの『冷生地』というミニチュアの様に小さい
凍った生地を解凍・成長させ焼くものと、店独自で粉から生地を作り
計量・成形し成長させ焼くものが有ります。

成形の仕事は、その後者の作業が主になります。

またパン生地は作ってすぐ焼く訳では無く
『ホイロ』という温湿器具に入れて成長させなくては
いけないので必然的に1番早く仕事を開始します。

生地の丸め作業やフランスパン成形は、その人の技量が
パンの仕上がりを左右するので丁寧さも求められます。


②焼成
“パンを焼く作業”ですね。
前日に準備しておいた冷生地や成形さんが作ったパン生地の
成長具合を見極め、トッピングやクープ入れをし焼いていきます。

焼き色は1分単位でも結構変わるし、生焼けでも焼き過ぎてもダメ。

またパンが成長(発酵)することでサイズもどんどん大きく
なっていくのですが食感・見た目を左右するので
小さすぎても大きすぎてもダメ。非常にシビアです。

ちなみに現勤務先はチュロスやカレーパン等の揚げ物も並行。

焼成後の仕上げ(チョココロネのチョコ入れ)・品出しの手伝い等
やる作業も多く仕事終わりの達成感はパネェっす!だから好き(笑)


③品出し
“パンの袋詰め作業”ですね。

売場に出して問題無いパンを選別し食パンはスライスして
袋詰め・値段シール(JAN)貼り。作業自体は単調なので
覚えることは比較的少ないです。

しかし、お勤め先は近隣店舗の配送分も担うので
1日400~500個くらい(…もっとかな?)製造しています。

なので手際よくやらないと終わらないです…!!
最終的な見極めと数の正確さが要求されるので責任重大。
私はこの作業が一番苦手です。振られることが無くて良かった…(笑)

体力よりも思考作業が好きという方は向いていると思います。

勤務先も作っているパンも違いますが、こんな感じの作業をしています↓

1時間の休憩を頂戴し全工程を終え12時には勤務終了。
その為、1日がとても長いです。毎日が充実します(∩´∀`)∩

ベーカリーの職務内容をポジション別にザックリと
ご紹介させて頂きました。気になるものは有りましたか??v
詰まるところ、嵌れば楽しいですVv

次のページではベーカリー勤務の実態や向いていると思う方を
嘉神子Miraなりに纏めてみました★ご案内させて頂きますね♪

ページトップへ★