【ライフスキル脳で楽ヤセ?!】
運動が辛いのは、そういう脳に傾いているだけ

All

前のページでは、美ボディになりたい
筈なのに運動を嫌う理由
及び生活習慣の
変化を嫌う理由
について纏めました。

たるんだ体は生活習慣の怠慢によるもの。
だとすれば変化しなくては改善されない。

けれども我々『人間は変化を嫌う生き物』です。

そうありながら体の引き締めには
運動の継続が不可欠。だからといって無理矢理な
生活習慣の変化
は、それだけでストレス。

ストレスが溜まれば継続が難しいばかりか、それが
トリガーとなり暴飲暴食・リバウンドの恐れもありますよね…。

であれば!!“脳”を利用しましょう…!!

体を動かすのは”脳”です。考え方をシフトして
アスリートさんのように『運動しないと
落ち着かない』くらいになったら最高
ですよね!!v

第一の”脳”『認知脳』

認知脳とは
状況や出来事に対して判断をする脳の機能を指し
『明日早いから早く寝よう』『ここは危険だから逃げよう』等
外の世界に対し、常に自分がとるべき行動を判断しています。

この脳機能により人間は危険を察知し生命維持を
している他、行動が飛躍的に高度になりました。

ところが、この『認知脳』ばかりが働くと自分が
感じていること(心)に目が向かなくなり
外の出来事
ばかりに振り回されてしまう
ようになります。

多くの人は『認知脳』に支配され
ストレスを生み出している
のです。

更に『認知脳』出来事に意味付けをし感情を生み出します。

『雨=嫌だな』『運動=辛いな』等。しかし
本来、雨は水不足時には恵みの雨であり体を
動かす事が好きな人にとって運動は辛くありません。

要するに自身の『認知脳』による過去の経験や
環境等から自身で勝手に意味付けをしている
のです。

第二の”脳”『ライフスキル脳』

ライフスキル脳とは
『認知脳』とは対照的に心に向いた脳のこと。
鍛えることで平常心を保てるようになる為
目の前の出来事に心を振り回されにくくなります。

スポーツは一瞬で心のリセットを求められる世界です。
悪送球をした後、次の球を投げる瞬間には不安や緊張を
一瞬でリセットしなければなりません。

これを司っているのが第二の脳(ライフスキル脳)なのです。

平常心を保ち自身の出来うるベストパフォーマンスを
発揮
…。職場では、そういうタイミング多いですよね。
『自分やるじゃん!』って気分が良いものです♪

そういえば仕事って始まるまでは面倒だなぁと思っても
始まれば時間経過は一瞬
終わると物凄く気分が良いものです。

私も5年位前の夏は毎日のように早朝ランニングしていました。
膝を壊して歩く時さえも辛かったことがトラウマになり
以来、辞めてしまいましたが気分は良いものでしたよVv

人間、やる気も後発的なもので行動を起こしてから
湧いて集中する生き物なので運動も然りなのかも…?

『辛い・面倒』と考える前に体を動かすことから始めて
ちょっと疲弊したり我慢をし、『自分やるじゃん!』をこまめに
味わうことで『デブ脳』とさよなら出来る
のかもしれませんね♪

<Back

ページトップへ★