【知ると怖い】残酷なジャンクのテーゼ~飲料編~

Diary Summary

最近とても快適な温度が続きますものでつい眠たくなりますね。

家だと眠い時寝ても何も言われないって言いですね。

寝ちゃだめだ、寝ちゃダメだ。寝ちゃ駄目だ…!

って戦わなくて良いって最高ですね…(*´ω`*人

さて今日は添加物のやばさを周知していこう編です。先日、この動画に出会いました。

独特の喋りが落ち着く『まどねす!』さんの動画ですね(∩´∀`)∩

お安いジャンクフードや市販の飲料・食料品って

大概やばいの入ってるんだけども全部紹介したらキリが無いので

今日はこちらの動画で取り上げられてるもの詳しく見ていこうと思います♪

人工甘味料(発ガン性物質)

  • スクラロース
  • アスパルテームLフェルニアラニン化合物
  • アセスルファムK(カリウム)

スクラロースは佐藤(笑)こと砂糖の約600倍の甘味を持ってるんですって。

甘味料ではないステビア(薬草)とかの苦みや渋みの無いあと引く甘さ。

他の甘味料の甘味を更に引き立たせる効果も。

不快な匂い(豆乳臭等)消してくれる効果もあるみたい。

これ自体は砂糖と違って消化・吸収されず24時間後にはほぼ排泄されるし

虫歯の原因にならないことも報告されてるらしいので安全な部類かな?

 

アスパルテームLフェルニアラニン化合物はスクロースの100~200倍の甘味。

こちらは半分良いけど半分害が有るって感じ。

摂取すると胃の中でL-アスパラギン酸・L-フェニルアラニンとメタノールに

分解されてL-アスパラギン酸・L-フェニルアラニンは栄養源として利用される。

一方メタノールは酸化してホルムアルデヒドになり蟻酸に。

でこの蟻酸ってのが失明や致死に繋がるんですって。

大量に摂ると危ないだけで健常者が少量摂る分にはすぐには問題ないとされてるけど

目の網膜部分に残留する上、糖尿病や脳腫瘍とか既に何かしら発症してる場合は

更に悪化させるらしい。怖い…!しかも中毒性が有るから厄介ですね…。

 

アセスルファムK(カリウム)はスクロースの200倍の甘味。

他の甘味を引き立たせ、甘味の立ち上がりが早く後引きが少ないスッキリとした甘さ。

ならステビアでも良いんでないか?とも思うけど

酸味・苦味を和らげ、食塩と混ぜると一層甘さ引き立ち、キシリトールと混ぜると

コク・深みが増す。チョコ・コーヒー・紅茶・ココアと混ぜると

一層味を良くする風味強調材(フレーバーエンハンサー)としての役割を担うそうです。

こちらも虫歯の原因にはならないらしいです。

溶けにくい性質なのかな?製造過程で塩化メチレンが溶かす物質として使われることも

あるそうで、この塩化メチレンってのが肝機能障害の原因になったり

中枢神経系を抑制し麻酔の様な効果が見られると。麻痺る?!

この残留が懸念されてるらしいです。

加えてリンパ球の減少による免疫への影響もこのアセスルファムKさん有るらしい。

こちらも直接虫歯に繋がらないそうです。が、砂糖ともやっぱり相性抜の群なので

これらと一緒になって虫歯の原因(とはいえこれらに比べたら人体には良い思われる)

砂糖も入ってるし、それを引き立たせる食塩(これも良いもの悪いものごっちゃだし

多く摂りがち)も

漏れなく入ってたりするので悪い方向にも相乗効果しちゃってるよ\^p^/

 

清涼飲料水、もはや砂糖と水の塊って感じです。。

それも人工甘味料…体内の栄養にほぼならないし、害悪な物質ばかり吸収&残留。

それでも美味しいですよね。私も午後の紅茶『ロイヤルミルクティー』大好きです。

一時、コーラもサイダーもカルピスだって飲んでました。

発がん性物質含んでるのは確かですが、大丈夫!我々の人体は美味しい!と

感じることでβ-エンドルフィンを生成出来るんです…!!

 

β-エンドルフィン(幸せ物質)

こちらは脳内で生成される麻薬の様な物質で鎮痛剤的役割や運動後のあの高揚感とか

入浴時の心地良い感じに浸れるんですね。

だからといって上記有害物質が消えてなくなる訳では無いのですが

飲みたいもの、食べたいものを我慢することによってそれがストレスとなり

このストレス物質っていうのがホメオスタシスっていう

自律神経・内分泌・免疫を司るシステムの働きを低下させてしまうのです。

とても食べたいけど食べないのはそれだけでストレスじゃないですか。

それよりは適度に摂る。これが一番良いと思うんです^^

飲んで幸せで満ち満ちVv

β-エンドルフィン分泌だぁぁ(∩´∀`)∩

ページトップへ★