【使い勝手の良いhtmlタグまとめ】
その2~カラーリング編~

Income

【ソースコードとは】
web言語(今回ならhtml)タグを用いて作るコードのことです。
仮想機械のための中間表現(バイトコード)を簡略化したもの。

  • 基本ソースコード
  • カラーコードを用いたソースコード
  • URLや画像を用いたソースコード

htmlソースコードの中でも嘉神子Miraが
頻繁に使う、使い勝手の良いコードをまとめてみました。
今回は2つ目の項目をご紹介致します♪

カラーコードとの合わせ技!応用ソースコード

【カラーコードとは】
ブログなどのweb上に色を表現するために用いられる、符号です。
文字など着色したい場合『カラーコード』と呼ばれる色を指定するコードを用います。
カラーコード選択には、こちらが便利⇒カラーコード一覧表

こちらを利用することでブログのあらゆるカラーリングもカスタマイズ可能♪

ですが今回は読みたくなるブログ作りがテーマなので、文字にフォーカスして
htmlとカラーコードを組み合わせた応用編をご紹介致しますv

“font color=#○○○○○○”⇒文字色

“font color=#○○○○○○”~”/font”で挟まれた文字に色が付きます。

htmlソース<font color=#FF0000>"font color=#○○○○○○"~"/font"で
挟まれた文字に色が付きます。</font>

文字の色は英語でfont colorです。こちらも、そのままですね。
上記の様に赤文字表示にしたい場合は”font color=#○○○○○○”の#○○○○○○の部分に
赤のカラーコード”#FF0000″と、赤文字表示する文字を入力し”/font”で挟みます。

“font color=red”でも、文字色指定は可能です。

htmlソース<font color=red>"font color=red"でも文字色指定可能です。</font>

上で紹介したカラーコード”#○○○○○○”を使う方が自由度は高いですが
その部分を英語表記の色で指定することも可能です。こちらの方が簡単ですよね。
慣れるまで英語表記にする。というのも、アリだと思います(*´ω`*人

“mark”⇒マーカー

“mark”~”/mark”で挟まれた文字がマーカーされます。

htmlソース<mark>"mark"~"/mark"で挟まれた文字がマーカーされます。</mark>

マーカーは英語でmarkerですが、”mark”でしか反映されません…why?
すみません。こちらは組み合わせ技では無いです。単発で”mark”のみでOKです。
『manablog copy』の場合、淡めの黄色で反映されるので目に優しいですね。

記事の中で一番伝えたい文言など、ここぞという所で使用したら
宜しいのではないかなと思います。

色に関しては多用すると本当に記事そのものがうるさくなり
工夫したのに、見心地悪いという逆効果を招きやすいので
シンプルな、この2種類だけ使えれば十分かなと考えます。

さて!次のページでは嘉神子Miraがブログにおいて親切心の塊と言っても
過言ではないと思うURL(リンク)のhtmlタグを、ご案内致します。

>>Next【使い勝手の良いhtmlタグまとめ】
その3~URL(リンク)編~に続きます(*´ω`*人

<<Top <Back

ページトップへ★